パパ活アピールのためにはプロフィール欄を規約違反を避けながら使いこなすこと

パパ活で理想のパパに出会うために必須になってくるのが、プロフィール欄の充実です。

マッチングアプリを使ってパパ探しをする際に、まず最初に目に入るプロフィール欄で手を抜いてしまうと太パパに声をかけてもらうことが難しくなってしまいます。

また自分がパパ選びをする場合にも、相手のプロフィール欄をしっかり読んでイメージを膨らませることが重要になるでしょう。

ここではそんなパパ活におけるマッチングアプリのプロフィール欄について、さらに詳しく解説していきます。

パパ活アプリでのプロフィールの書き方

まず大前提として、登録しているマッチングアプリや出会い系サイトがパパ活目的の使用を許可しているのかどうかは必ずチェックしておきましょう。

パパ活を正式に認めていないアプリで露骨なパパ活アピールをしてしまうと、規約違反としてアカウントを削除されてしまうこともあります。

気をつけておきたいのはパパ活によく使われているアプリやサイトであっても「パパ活を直接的に匂わせる文章」はNGになっていることがある点です。

そうしたアプリのプロフィール欄には、独自のキーワードを使った暗号のような形でパパ活アピールを書き込んでおく必要があります。

パパ候補の男性達もそのキーワードを頼りに「いいね」を送ってくるので、そのアプリでどんなキーワードが人気なのかは事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

パパ活アピールするためのプロフィールとは?

パパを募集するためのプロフィールを書く場合には「寂しい」といった感情的なアピールをするよりも、「ご飯奢ってくれる男の人が好き」といったように具体的に何かを要求している方が効果的に相手を集めることができます。

直接お金を要求する文章をプロフィールに入れることは難しくても、ブランド品集めが趣味と書いておけばそれだけでパパ候補の男性達にはパパ活アピールを察してもらえます。

逆に「寂しい」や「会いたい」といった曖昧な言葉だけだと、パパ活目的なのか本気の恋人探しなのかの区別がつかないためパパ候補からは避けられてしまうことになるでしょう。

これは男性の方のプロフィールをチェックする際にも共通して注目すべきポイントと言えます。

たとえば遊びにいきたい場所や美味しいレストランをプロフィールなどでアピールしている男性は、パパ活でそれを奢る用意があると考えることができます。

逆に自分の趣味や特技ばかりプロフィールに書いている男性は、女性に与える具体的なものを用意できていないと捉えてしまってもいいでしょう。

パパ活においてプロフィール欄を見ることは全ての始まりとも言える重要なポイントです。

女性がパパ候補にアピールする場合は、自分が明確に「奢られたい」「お金での交渉に応じる用意がある」と示しておくことが大切になります。

曖昧な記述だけだと相手もパパ活を持ちかけていいのかどうか判断がつかなくなるため、リスクを恐れるハイクラス職業の太パパ候補ほど出会いにくくなってしまいます。

ただし露骨にパパ活を示唆する言葉を使うのは規約違反になるケースが多いので、必ずそのマッチングアプリ内で使われている隠語を調べて使うようにしましょう。